×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



「舟」

漕ぎだした海は
果てが見えないくらい 広くて
そこが見えないくらい 深くて

自由になることに不安で
待っているものが怖かった

そんな 漕ぎだす前に感じてた
不安とか恐怖が

毎日毎日ただひたすら
負けないように進んでいたら

忘れていたんだ

漕ぎだしてみたら
自由になって
帆が付いたみたいだ

風に押し戻されたり
背中を圧されたり

行く先は自分の手に握られていて
誰も道先を指してはくれないけれど

見守ってくれる船団に
今はただ
遅れないようについていくだけ



 2006年5月〜11月という約半年トップを飾っていた詩です。
 っていうか、ただ更新できなかったからなんですけど・・・(汗)
 でも、新しい職場で、迷いながら頑張ってるときに書いた詩なので、すごく思い入れはあります☆
 これからもこういう初心を忘れずにいたいなvv

material:(c)NOION