×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。




「ある人へ贈る自省の詩」


自分の弱さが  どんどん膨らんでいって
当り散らして   気づいたときには既に手遅れ
どんな言葉も効果はない
って一人で思っていたって  罪は消えない

たくさんの人に囲まれているはずなのに
孤独を感じる
孤独、孤独、孤独・・・

楽しい映画を観ていても
晴れやかな気持ちにはならない
夢の中の出来事の様

12月の夜空に  吐いた息が白く消えていった
冷たい雨が頬に当たって  少し痛い

ずれてしまった歯車は
必死になって直そうとするほど狂っていく

もう悲しい言葉しか出てこないよ
どうか許してって呟いても
君は黙ったまま目を逸らすだけ

次は何を言えばいいんだろう

誰か教えてくれないか

誰か

written by 金曜日の男


 悩みが全面に出た詩ですね〜(苦笑)
 でもこういうのってちょっとわかる・・・気がしません?



material:(c)evergreen