×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



「支え」

誰も彼もみんな
同じ経過をたどるのだと
思ってしまっていた
・・・だけど
ここにいるすべての人に
生きてきた
証が 道が あって
同じ人なんて一人としていない

教科書に載ってるような
例えじゃないんだと
改めて思い知る

あなたが今
私を求めていて
苦しいから傍にいてほしいと願う気持ち
不安で 大丈夫だよ と言ってほしい気持ち
痛いほどわかる

あなたは私があなたを支えていると言うけれど
本当は私があなたに支えられているのに

あなたが私に
にっこりと微笑みかけてくれる代わりに
何ももたない私には何ができるだろう


 この詩は実習中に強く思っていたことのほんの一部です。
 オリジナルはもうちょっと長いんですが・・・いろいろ思うところもあり
 この長さに編集しました。
 実習に出てはじめてわかることってたくさんあります。
 でもそのときの気持ちを、働き始めても忘れないでいたいなと思います。